2018年10月02日

ご無沙汰してしまいました

うっかりしていましたら、2ヶ月も更新していませんでした。

8月終わり頃のことですが、旧店舗の建物が取り壊されました。ちょうどお店があった辺りは更地になっています。
古い建物でしたから、ワタシ達がお世話になっている頃から、大家さんが「地震や台風が来たら・・」と心配なさっていました。築60年だったそうです。

あのお家に越してきたのは、ワタシが小学生の頃でした。
千代さんと、千代さんの美容室のお客様だった大家さんとのご縁で、貸して頂く事になったそうです。
まだモノレールは走っていませんでしたし、近隣の様子も今とは大分違っていました。
古いながらも頑丈でしたので、大きな地震にも耐え、台風にも負けずにワタシ達を守ってくれたお家でした。
ワタシ達家族の様々が、あそこでありました。
解体すると聞いてから、ちょこちょこ様子を見ていましたが、バリバリ壊される所は見たくなかったので、解体当日は見に行きませんでした。
目に焼き付けたくない光景です。壊されるのを見たら、なんとも言い難い気持ちになった事でしょう。

建物に対しておかしなものですが、ワタシ達が暮らしている間、老骨にムチ打つように頑張って守ってくれていた感じでした。昨年、移転した時には、これまでのお礼を言ってお別れしました。
その時は、もう荷物も出した後だったのでガランとしていました。
つい先日までここで暮らしていたとは思えない空気に驚き、家が役目を終えて眠ってしまったように感じました。

移転してからも、前を通るたびに見ていましたが、誰もいなくなってしまって淋しい風情でした。
大家さんはいずれ壊すとお話しされていたので、その日が来るのはわかっていました。淋しい姿に見えていたのはそれもあるかもしれません。
解体には寂寥感もありましたが、一年掛けて名残を惜しめましたし、本当に長い間お疲れ様でしたという思いです。

そのお家の前で、昔撮った写真です。

170803_183931b.jpg

ワタシの中学校入学式の時のものです。
若かりし頃の千代さんと、ボケーッとした子だったワタシです。
千代さんは、自称「可愛いタイプ」だったそうです。ぷぷぷ
ワタシは、なんでしょ、ホントにボケーッとしてますね。
寝てばかりいたので、寝太郎と言われていました。
千代さんの美容室、当初はこんな感じのドアの色でした。丸みを帯びたドアや窓は、当時の流行でしょうか。今思えば凝った造りでした。

さて、今日の定休日、千葉市美術館に行って来ました。
『1968年 激動の時代の芸術』

181002_132751.jpg

この年代に興味ある方には、貴重な作品たちなのではないでしょうか。
ワタシも、現代にはない雰囲気のこの年代には興味があるので、面白く見てきました。
1968年生まれの方は観覧料の割引があるそうです。

1968年と言う事は、先ほどの旧店舗の建物は、その十年も前から建っていたんですね。
長い年月あそこで踏ん張っていた事に改めて感服します。
posted by benten at 23:01| わたくしごと