2010年04月16日

そーだったのか

先日に続き大学の話ですが。

自分の勉強している大学には奨学金制度というのがあるそうです。
条件を満たせば、選考の上、奨学金が支給されるそうな。(返還しなくてよいありがたいお話)

この話を入学した当初、千代さんにしたところ、

「がんばれ、ねーちゃん。奨学金もらいな!」
ともうら気満々。

「あのね、いい成績じゃないともらえないの。」
と説明しても、

「大丈夫だよ、ねーちゃんバカじゃないから」
ともうら気満々。

その後もテストに合格したよ〜と報告するたびに
「奨学金もらえるの?」
と目を輝かせる千代さん。

そして、一年生の時の成績が出ました。
成績は、奨学金の条件を満たしている。
修得単位を満たしている。
あれ、こりゃ、もしかしてもらえるかも?
とよくよく条件を確認してみると、

「今年の夏季スクーリングに参加する者」
とある。
自分は、今年は夏季スクーリングには行かない計画・・・

そーだったのか。そういう条件もあったのか。

残念ながら、条件を満たさないことが判明。
じゃあ、来年は?と単位取得の計画を見ると、これまた残念ながら、スクーリングの取得単位が足らずアウト。
(だって、整体院があるから、そんなにスクーリングに行けないですよ。極力休業日を作らないように計画しているんだから)

こうなると、もらえる可能性は4年生の春しかありません。
後2年、良い成績をとり続けなければならないということで・・・
そこまでがんばらないと、もらっちゃいけないということですな。

千代さんにそう話すと、
「大丈夫だよ、貰える貰える。がんばれ〜」
とお気楽な激励の言葉。

それ目当てに勉強するわけではありませんけど、いいプレッシャーにはなります。
posted by benten at 22:32| 大学のこと