2010年11月21日

実験レポート

先日、心理学実験実習初級のレポート提出をしました。
毎度の事ながら、自分で書いている文章で迷子になりそうになります。
スタートが遅かったので、本年度中に単位が取れるか心配していましたが、実験に協力してくれた友人・家族のおかげで5回目まで漕ぎつけました。これまで再提出もなく、「え、こんなにいい点をいただけるの?」という順調な流れで、残すは後1回のみとなりました。

しかし、そのほかにテストを受けなければならない科目がめじろ押し状態なので、時間を見つけては、ちょびちょびすすめております。

話は全く変わりますが、いよいよ我が家にも「地デジ化」の波がやってまいりました。(今頃ですが)

朝な夕なの枠外画面でせかされ(早くしろ早くしろの文字)、ワタシの大好きな東野英治郎の「水戸黄門」の再放送画面も小さくなり(昔の番組は、アナログでは画面が小さくなる)、それでもいまだにアナログで視聴している我が家ですが、ついに先日、テレビを買いました。
しかし、配達されるのは、23日。
新しいテレビはこれまでよりも大きい画面なので、本日みんなの座る位置を移動させました。
「これくらい離れていれば大丈夫よ。どんな感じになるのかね〜」
と楽しみにしている両親。

新しいテレビを想像しつつ、アナログテレビを見ていて何故か「ゲゲゲの女房」の主題歌を歌っていた歌手の話になり、(大体我が家では、会話の流れに脈絡がない)

「あの歌手は、丸い顔した女の子だよな」
と父。

「いきものづくりだよ。」

と千代さん。大間違いですね。ワタシが突っ込むと、

「いけものづくり?」

違うでしょ。「いけもの」って何ですか。

「いきものなんとかっていう楽団よね」

楽団って。アーティストの皆さん、変わった名前だと我が家では認識されません。

でもなぜかEXILE(エグザイル)は、ちゃんとわかっている千代さん。なんでだ?
posted by benten at 21:15| 大学のこと