2012年08月21日

2012年スクーリング

8月11日から14日の4日間、大学のスクーリングに行ってまいりました。

今年受講した科目は、4日間に渡る実験やグループワークで、なかなかタイヘンと事前に聞いておりました。
しかし、心配とは裏腹に、一緒の班になった方々が素敵な方ばかりだったので、実に楽しく取り組むことができました。

7班のみなさま、ありがとうございました。
皆さん日本全国から集結されたので、再びお会いできるかわかりませんが、初対面にも関わらず、あのチームワークの良さは何かの縁を感じてしまうほどでした。お会いする機会がなくても、日本のどこかでがんばってる皆さんがいると思えば、励みになるというものです。

そしてこの科目は、例年のスクーリングとは異なりスクーリングが終わってからも、まだ終わりませんでした。
スクーリング終了後に単位試験のレポート提出が課せられておりました。
もちろん提出には締め切りがあります。

20日にそのレポートを提出し、(合格するかは別として)やっとこの科目が終了しました。
連夜のパソコン作業から、ようやく解放されました。

「レポート終わった!提出した!」

と、千代さんに報告すると、

「あ、そう。良かったね。ポストに?」

・・・ポストには出しません。郵送は受け付けてくれないのでパソコンからの提出です。

何はともあれ、終わって一安心です。
いろいろ協力してくれた千代さんと父、案じてくれた友人達にも感謝です。

school2012.jpg

4年目の今年、帰り際に振り返って見た大学の門です。
毎年、ばたばたとスクーリングを受けにくるだけでしたので、結局、学食にも行けませんでした。
卒業となれば、ここで学ぶことも、もうなくなります。思えば寂しさの湧く今年のスクーリングでした。


posted by benten at 00:13| 大学のこと