2013年03月20日

卒業式

昨日、行ってまいりました大学卒業式。

朝9時30分集合なので、6時起きで三鷹まで。
早すぎたかな〜と思いきや、大学の構内は既に卒業生の方がたくさんお見えでした。
通学生の方と合同卒業式なので、若い方が袴姿で華やかでした。

夏のスクーリングにしか行かなかったので、普段はこんなに学生さんがいる大学なんだと感心しつつ、受付をすませ、指定の教室で待機しておりました。
学生証もこのとき返却しました。
思えば、あまり活用できなかった学割。さよなら学割〜と思いながら返却箱にボトリ。
なんとなしにサビシイ感じでした。

知っている方はいないかな〜と思っていたところ、坐禅合宿でご一緒してから何かと連絡を取っていた方を発見!嬉しい再会ができました。

卒業式は体育館で行われました。体育館の存在すら知りませんでしたが、会場は卒業式らしく紅白幕や豪華な花で飾られておりました。
通信教育部の我われも、式場の前列の席に案内されました。
仏教系の大学なので、それらしく厳かな雰囲気が随所に見られる卒業式でした。
通信制は社会人ですから、一見「保護者会」みたいな感じは否めませんが、仕事や家事をしながらの卒業は、通学生の方とはひと味違った晴れがましさがあるように感じました。タイプの違う「卒業」生が混在している面白い空間でした。

卒業証書の授与は、教室に戻って一人づつ行われました。
授与

お世話になった先生方から通信教育部の卒業生に向けた
はなむけのお言葉を頂戴しました。



帰宅後、千代さんと卒業証書を持って記念写真。(父は仕事中。残念)
「ねーちゃん、がんばった!」と喜ぶ母。
卒業の証

この日の夕ご飯には、ワタシの好物、クラゲのサラダが登場。
そして、お祝いといえば、「ケーキ」の我が家。千代さん、用意してくれていました。

卒業した実感があるような、ないような・・・。
というのも卒業後、まだやらなければならないことが残っておりまして。
認定心理士の資格の手続きをしなければなりません。書類をあれこれ用意し、自分で申請するのでこれを終わらせないことには区切りが付かない感じなのです。
posted by benten at 23:47| 大学のこと