2017年09月23日

新店舗

新店舗のご報告です。

昨年の8月頃から新しいお店の計画を立て始めてから、約一年。おかげさまで先月、無事に移転しました。

本当にたくさんの方々のお力のおかげで、新店舗が完成しました。
施工は、茂原市の株式会社グリーンワールドさんにお願いしました。
自然素材にこだわったお仕事をされている会社さんです。
ちよさんの美容室とワタシの整体院を一緒につくらなければならなかった事もあり、間取り等でご面倒をお掛けしたのですが、社長さんはじめグリーンワールドの皆さまが親身になって対応してくださり、本当にありがたいことでした。
大工さん、職人さん、関連の業者の方々にも大変お世話になりました。どなた様にも丁寧に対応していただきまして、おかげさまで思い描いていた以上のお店になりました。
この一年で、かつてないほどたくさんの方々と出会いました。そして、予想していた以上の多くの事を学ばせてもらいました。

患者さんの皆さま方にも色々なアドバイスや応援を頂戴し、相談にも乗っていただき、ワタシにとって大きな助けになりました。
友人やご近所の方々、千代さんのお客様方、皆さまに数々のお力添えをいただきました。
ワタシにとっては最高レベルの大きな仕事でしたが、多くの方々の支えによって無事に成す事ができました。ありがとうございます。
これが始まりと思い、初心を忘れずに今後も力を尽くしてまいります。
これからも末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

新しいお店に関するお話は諸々あるのですが、そのうちの一つが看板のことです。
ホームページにも載せましたが、新しい看板を作りました。
どうしても木製の看板にしたくて、でも、本職の方にお願いするとお値段がお高い、この先塗料の塗り直しなどのメンテナンスも自分でやりたい。それなら、と、自分で彫りました。
本気で彫るのは初めてですし、彫刻刀を使うのも高校の時以来です。上手く出来るかわからないので、高級な木材を買う勇気が無い小心者のワタシ。
で、良い物を見つけました。
まな板です。
壁への取り付けにも都合が良いような加工がされている、うってつけの物を見つけました。

こんな感じに彫りまして、
170616kanban.jpg

こんな具合に仕上げました。
170921_103531.jpg

もちろん、千代さんの分も作りました。
170921_103545bb.jpg
良い感じに取り付けてもらいました。

デザインの段階で、千代さんのほうにも何か図柄を入れるか聞いたのですが、
「いらない、いらない。お母さんのは文字だけでいい。シンプルがいいの。」
との事だったので、そのようにしました。
でも、出来上がったら「なんか寂しいな」と言い出す千代さん。
「え〜、だから、はじめに聞いたでしょ〜。絵はいらないって言うから、」とワタシ。
「言ったけど、なんか寂しい感じがする」と千代さん。
え〜と、もうどうしようもありませんので、文字だけでカンベンしてください。
シンプル=寂しいって事で許してください。

千代さんも今回の移転では大活躍でした。
年齢のわりには、かなりの働きぶりでした。すごいスタミナ、と感心しました。
近所のおばあちゃま方も、新しい千代さんの美容室を喜んでくれています。皆さん、千代さんの美容室が無いと困ると仰ってくれているので、千代さんも張り切ってお仕事しています。

posted by benten at 00:24| 整体院がらみ

2017年05月31日

玄関先で

蝶々がタンポポにとまっていました。
千代さんが写真を撮れ撮れと騒ぐので撮りました。

170524_120819.jpg

肝の据わった蝶で近づいても逃げようとせず、かなり長い時間蜜を吸っていました。
このところ、家の周りでは、花々が咲いております。

ドクダミも白い花がたくさん咲きましたし、
170527_121354.jpg

アマリリスも咲きました。
170527_121329.jpg
アマリリスは、花壇の花より植木鉢のほうが大きな花をつけました。

気温も高くなり、夏の気配も感じるこの頃です。
我が家の千代さんは、このところ、着物の整理をしています。
千代さんは若い頃から着物が好きで、ワタシも舞をやっているので着物を着る機会が多いです。
「誰も着る人がいないけど、捨てられないので着てください。」と頂戴することもあります。
たとえ古い着物でも大事にされてきた着物たちです。
手縫いで丁寧に作ってあるのを見ると、ムゲには扱えず、大切に着させていただいております。
昔の着物は生地がしっとりしていて、着心地の良い物が多いです。
ワタシはお稽古には着物で出かけますから、大変ありがたいです。

その着物たちの保管場所は、千代さんが種類別に分けてくれています。
先日も、晴れた日に「風も通せるからちょうどいい」、と言って、着物を整理していました。
その千代さんの後姿を見たとき、ワタシは違和感を覚えました。
「なんか、背中が丸いぞ。」
そんなはずはありません。
千代さんの矯正はまだやったばかりです。このときの猫背具合は尋常じゃありませんでした。
猫背と言うか・・・肩甲骨が出っ張りすぎていると言ったほうが正しいです。

「ちょっとちょっと、立って背中を見せて」
こんな背中を放置できないワタシ。
しかし、千代さんの背中をじっくり見る前に気付いてしまいました。

猫背ではありません。
ブラ(正確にはブラカップ付のタンクトップ)が背中側に来ていただけでした。
後ろ前に着ていたんですね。肩甲骨あたりにブラカップが乗っかっていました。
背中にお山がふたつ状態です。


「お母さん、今日朝からその状態でいたの?」
確か、朝から美容室のお客様がいらしていました。こんな背中のまま、カットしたり、パーマ(のロッド)巻いたりしていたんですね。すでに時刻は15時過ぎです。

「嘘!逆なの?これ!」
と千代さん。
「だって、ここ押したら凹むよ。ホラ」
とカップをプッシュで事実を伝えました。
「やだ〜」と、その場でタンクトップをグルグル回し正しい位置にする千代さん。
よかったです、姿勢が悪くなっていたわけではなくて。

わが母ながら、凄まじいほどのドジです。
決してウケ狙いではないのですが、ウケ狙いならむしろやらないようなベタなドジを天性で踏みます。

senakani.png






posted by benten at 21:37| 整体院がらみ

2017年04月17日

桜盆栽

170417_140608.jpg


盆栽の桜がほぼ満開になりました。
ちょうど見頃となった本日は、整体院のご予約も多く、千代さんのお客様も多くお見えになったので、皆さまに楽しんでもらうことができました。

この桜盆栽、四代目です。
昨年の三代目は、夏に青々した葉っぱが出ていたので、翌年も咲くか、と期待していましたが、あえなくダメでした。
しかし、三代目はまだ終ったわけではなさそうです。初代の時にも見た、「やご芽」(不定芽)が出てきています。初代は、このやご芽を切った後に元気が無くなったように記憶しています。
本来なら取り除くべき芽ですが、葉っぱがぐんぐん大きくなってきているので、ダメ元でこのまま育ててみようと思います。


初代は5年続けて咲いたのですが、以降の桜では2年目に咲く事が叶わずにおります。
我が家の植木の手入れは手厚くないので、そのせいなのか、初代が屈強な桜だったのか。

初代の桜は、盆栽の鉢にヒビが入ったので大きな鉢に植え替えました。
そのおかげで我が家のスパルタ栽培に耐えられたのでしょうか。

毎年、桜の盆栽を楽しみにされている方もいらしゃるので、今年も新たに購入しました。
この桜も来年はどうなるかわかりませんが、三代目の盆栽と共に、お世話してみます。

170417_140552.jpg

posted by benten at 22:56| 整体院がらみ

2017年03月16日

おかげさまで八周年

おかげさまで、べんてん整体院は八周年を迎えました。
患者さんはもちろんのこと、いつも支えてくださる皆さま、ありがとうございます。

多くの患者さんとの出会いが、もう八年積み重なりました。
これまで患者さんそれぞれの症状と向き合いながら、勉強させていただいてきました。
多くの発見があり、その発見はこの仕事をやる上での土台として積みあがっています。
この積み上げは、この先もずっと続いていく事と思います。
そして、患者さんからいただいている信頼は、何より力強い支えになっています。
「痛くなくなった、楽になった」と喜んでいただけることに、ワタシが感謝です。

似たような症状でもそれは全く同じものではなく、それぞれに違う所もあると思っています。
何が人の身体に影響を及ぼすのか。その要素は様々ありますが、それは、顔が違うようにその人によって違うというのを常々感じています。

「辛い症状をなんとかしたい」と始めた整体院です。
辛い症状をなんとかするには、お一人お一人に丁寧に向き合わなければなりません。
本当に小さな整体院ですが、ワタシはこの先も丁寧に仕事をするため、小さな整体院のままでありたいと思っています。
自分が納得できる仕事をして、患者さんにも結果で満足していただける。そういう場所であるように、これからも努めてまいります。


posted by benten at 22:21| 整体院がらみ

2017年02月21日

レッグウォーマー

寒いですね。特に今日は風が冷たく、寒い一日でした。

寒い時期でも裸足で雪駄のワタシ。今年も変わらず、施術中も裸足を貫いております。
ガマンしているわけではなく、靴下がキライなんです。
指先に自由を求めてしまいます。

「寒くないの〜?」と、患者さんにも千代さんのお客様にも言われます。
見た目に寒々しいらしく、若干迷惑なんでしょうか。
寒いと言えば寒いですが、極寒の体育館で空手をやるのに比べれば大したことはないです。
裸足とはいえ、寒い日には足首にレッグウォーマーを着けています。
足首を冷やすのは良くないですよ〜、と、常日頃冷え性の方に言っている手前もあり、ワタシの場合、足首を温かくしておけばつま先は裸足でもそれほど寒く感じません。

そんなこの時期必需品のレッグーウォーマー。
何足か使いまわしています。

先日、千代さんがワタシのレッグーウォーマーを着けてみたらしいです。
ワタシの知らないうちに。
夕方、お買い物に行くときにはいたそうです。

「これ、チョーあったかいね!」と、千代さん。
このとき千代さんが着けたのは、ワタシがかつてジャズダンス(恥ずかしながら)をやっていた頃に使っていたものです。
かなり昔(二十歳くらいの時)の物ですが、さすが某有名ダンス用品メーカーの品、長持ちしています。
すっかり気に入った様子の千代さん。

「他にも何足か持ってるから、あげるよ」と、言ったのですが、「いいよいいよ」と、そこはなぜか遠慮深い千代さん。ふだん傲慢なのに。
後日、百円ショップで似たようなのが売っていたと言って、買ってきました。

「ねーちゃんと同じようなの、買ってきたよ〜。ちょっと柄が気に入らないけど、」
と、取り出したのは、黒とショッキングピンクの縞々模様。
しかも、飾りに小さなリボンが付いていました。ラブリーです。

千代さん、早速装着しようとしましたが、
「あれ?これ、なに?買ってきたばかりなのに穴が開いてるよ」
と、言い出しました。
「百均だからかな?」と、百均を疑う千代さん。いやいや失礼な。今どきの百均はあなどれませんよ。

買ってきたばかりで穴が開いている・・・しかも左右とも。それは、そもそもそういう形の商品でしょう。
そうです。それは、レッグウォーマーではなく、手袋ですね。
穴は親指を出すところです。指無し手袋ってやつですよ。

ワタシがそう言うと、「え〜、手袋なの〜?」と愕然とする千代さん。
「どうりで小さいと思ったのよ。でも、いいか、はけるよね!同じようなもんだもん」
と、アスリート並に瞬時転換。
手袋を無理クリ足首に装着。ピチピチ感は否めません。
まあ、素材は温かそうだし、レッグウォーマーに見えなくは無いです。いいんじゃないかな。

「やっぱり、ねーちゃんのヤツよりあったかくないなあ」
と、ブチブチ言っていましたが、結局愛用している千代さんです。
posted by benten at 21:25| わたくしごと